移動部会を開催しました | 閖上地区まちづくり協議会

部会/移動部会記録 / 2014年08月24日開催 / 午前:箱塚屋敷団地 午後:美田園第一団地

移動部会を開催しました

2014年8月24日に移動部会を開催しました。
午前は箱塚屋敷団地に10名の方、午後は美田園第一団地に20名の方にご参加いただき、
「道路の配置」「公園の配置」「災害公営住宅の配置」について話し合いました。
140712_bukai1-3

道路の配置について
・津波時に車で避難していたが、幹線道路に出る手前で渋滞していた。
・すぐ前に見えている家に行くのに、ぐるぐる回る必要がある。
・幹線道路にでる区画道路(黄色の道路)が少ない。
・外から来た方が、惚れ惚れするような自転車道がほしい。
・緊急事態では信号は当てにならない。南北道路も2本のほうが安全だ。
140712_bukai1-3

公園の配置について
・ポケットパークについて、閖上の人は、家でお茶のみをしていたので、なかなか外で話すことも少ないように思う。
・年寄りにはポケットパークは何箇所もいらない。
・ポケットパークもよいが、もう少し大きくていろいろ楽しめるような公園がよい。
・緑道を新日和山まで伸ばすことに賛成だ。
・新日和山への緑道の延伸は理想的だ。安心して自転車に乗れそうなので大賛成。
・緑道の延伸の提案については、開運橋に自転車が通れるようにするのかなど、今後検討が必要だ。
・朝市でよそからたくさんの人が来る。海の見える遊べる施設があればよいと思う。
・朝市があるのだから、新日和山周辺に子供たちを留め置く遊び場を市に作ってもらいたい。
・日和山に公園をつくり、いろんな施設が入るようにしてはどうか。
・漁港が寂しいので、岸壁に釣り人の寝床や遊びスペースにするなどが考えられる。

災害公営住宅の配置について
・集合住宅の1階にお茶のみ場があったほうがよい。
140712_bukai1-3

その他の疑問・質問
・まちづくりはいいことだが提案を出すことで市の計画が遅れるのでは。
・湊神社の再建に当たっては、閖上復興の中心に位置づけてもらいたい。
・区域内の墓地を東側に全部集約させることはできないのか。
・塩釜亘理線沿いの商業施設は実現するべき。
・高齢者のために、公共交通アクセスを1番に考えてほしい。また病院、金融機関等の施設ができるということであれば安心できる。
・戻りたい方には高齢者が多い。若い人を呼ぶまちづくりをしてほしい。
・東部道路西側の公営住宅を希望している。東部道路西側のニュースはないか。

アドバイザーからのコメント
【神戸まちづくり研究所・辻さん】協議会がまちづくりを検討することで計画が遅れることはない。協議会はいろんな意見を集めているが、これをしなければ違う意見でひっくり返ってしまい、ますます遅くなることがある。参加者の中にあまり出てきていない若い人も呼んで話をしていく必要があるだろう。
【神戸まちづくり研究所・野崎さん】行政と住民が共に汗をかきながら、全体として居心地の良いまちにしていただきたい。これから土地利用・建築計画・配置計画・緑化計画・生活利便・防災計画とつくっていく必要があるので、行政だけに任せるのでなく住民も一緒に議論していっていただきたい。
【仙台高等専門学校・坂口先生】思いついたタイミングで提案をしていただきたい。それを全部実現することは難しいが、早ければ早い方が実現しやすい。協議会では毎週の会議、提案箱、ホームページなどで提案を受ける体制ができている。
140719_bukai2-2

投稿日:2014.09.03