第1回災害公営住宅の検討部会を開催しました | 閖上地区まちづくり協議会

災害公営住宅の検討部会記録 / 2014年10月09日開催 / 名取市文化会館 中庭 希望の家

第1回災害公営住宅の検討部会を開催しました

メンバー募集の呼びかけに応じて出席した9名の会員により、災害公営住宅の検討部会が発足しました。
saigaibukai

初回ということで自己紹介して、災害公営住宅の戸建住宅と集合住宅のどちらを希望しているか、今回の検討部会に対する想いを共有しました。
ほぼ全員の方が戸建住宅を希望で、早期再建を希望する声が多く聞かれました。
saigaibukai

仙台高等専門学校の坂口先生から、検討部会で話し合う項目について提案があり、災害公営住宅の配置などの基本的な条件を確認しました。
IMG_1539のコピー

検討部会の進め方について話し合いました。
・整備位置が把握しづらいので、現況図と計画図を重ねた大きな図面が必要。
・戸建住宅の建物の配置は、閖上の気候風土を活かした方角を中心にするといいだろう。
・間取りは、特に玄関の位置が重要なため専門的な見地から使いやすい提案あるといい。
・ペットを持つとか、個別の家族事情などが配慮されるか検討していきたい。
【坂口先生】入居される世帯の人員、家族構成などで複数パターンを設定して、実際の入居 条件に近い形で具体的なイメージを検討していくのがいいだろう。

決定事項としては、
・参加メンバーの推薦により部会長は宇佐美氏に決定した。
・来年3月までに災害公営住宅に関する協議会の意見をまとめるため、基本月1回、検討部会の会議を行い、各回テーマを設定しながら検討を進める。
・12月の臨時総会までに中間報告を出すことを目標とする。

[次回の検討部会]
11月6日(木)18時30分〜
名取市文化会館 中庭 希望の家
テーマ:戸建住宅の間取り

資料のダウンロード

投稿日:2014.10.31