世話役会 | 閖上地区まちづくり協議会

カテゴリー:世話役会

第40回世話役会を開催しました

2015.04.14

情報受発信・第一回通常総会に向けて話し合いをしました。

1.情報受発信について
・会員数の増加、提案書の提出はなし。
・ニュースレター第11号は、4月3日に発送した。
・須賀川市の町内会当会より、3月19日の視察対応の礼状が届いた。
・兵庫県に対し、専門家の派遣を要請する。期間は4月から7月まで。

2.第一回通常総会に向けて
<事前送付資料の確認>
・案内及び返信ハガキ・議案資料は、一部修正して4月9日以降発送予定。
・議案3資料役員選任については、総会当日提示する。

IMG_5483

第39回世話役会を開催しました

2015.04.02

情報受発信・定期総会に向けて話し合いをしました。

1.情報受発信について
・会員数の増加、提案書の提出はなし。
・ニュースレター第11号は、一部修正して4月3日頃発送予定。

2.定期総会に向けて
<事前送付資料の確認>
・案内は、一部修正して4月10日頃発送予定。
・返送ハガキは、一部修正する。
・平成26年度収支報告及び会計監査報告は、一部修正する。
・提案書は、一部修正する。
・案内と共に議案書を送付する。
・役員選任については議案書に入れる

<協議事項について>
・宮城県内のまちづくり団体等に対する助成制度があるため、活用を検討する。
・世話役の人員補充のため、何人かに引き続きお願いしていく。

IMG_5456

資料のダウンロード

第38回世話役会を開催しました

2015.04.02

情報受発信・役員・第三次提案について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・会員数が1世帯減で378世帯となった。
・須賀川市の来訪には世話役2名で対応する。

2.役員について
・複数の世話役候補及び監事1名の内諾をいただいている。
・今後も、世話役の増員に向けて活動していく。

3.第三次提案について
<道路景観・街路樹等>
・緊急時と平時の対応を明示する。
・避難場所、避難経路の確保、回遊動線の確保、無電柱化など、主要なキーワードを上記の2つの視点で整理し、道路の植樹位置などの提案をまとめる。
・分かりやすい表現にする。
<災害公営>
・資料にめりはりをつけて、分かりやすくする。
・部会での検討結果を反映して、次回の世話役会で検討する。

資料のダウンロード

第37回世話役会を開催しました

2015.04.02

情報受発信・役員・第三次提案について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・会員数の増加、提案書の提出はなし。
・テレビ番組からの問い合わせについて、提案書内容以上のことは報道できないと回答することとした。

2.役員について
・世話役で可能性ある方について、招聘し、来週結果を報告する。

3.第三次提案について
<道路景観・街路樹等>
・避難場所の位置を明示し、避難経路を伝える工夫をする。
・閖上港線の南側歩道にある植樹帯を法面側に移動し、緑の一体性を確保できる工夫を提案したい。
<災害公営>
・部会等での意見をそのまま提案書とするのではなく、意見を集約し、かつ、実現性のある内容を示す。
・協議会としての間取りプラン案を示すことは良いが、議事録みたいな提示はしないほうが良い。
・次回の部会での意見も踏まえて、整理する。

IMG_5386+

資料のダウンロード

第36回世話役会を開催しました

2015.03.11

情報受発信・街並の検討について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・ニュースレターについて、一部修正して今週発送とする。

2.街並の検討について
・災害公営住宅、道路景観植樹について、提案内容のたたき台を作成して議論する。
・提案の内容を選択し検討できる範囲で提案していく。
・街並に関しては、絵を作成してイメージアップしながら検討していく。

3.今後の進め方について
・災害公営住宅のまとめについて、世話役会で検討する。
・定期総会の日時を平成27年4月19日午前中、名取文化会館小ホールとした。

IMG_5365

第35回世話役会を開催しました

2015.03.11

情報受発信・街並の検討について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・登録世帯数は379世帯、768人で増減はない。

2.街並の検討について
・前回の意見を踏まえ、街づくりのビジョンである、遊べるまちなみ、集まるまちなみ、住みやすいまちなみとは、どのようなものか検討を行った。
・意見を地区の内外で整理し、次回すり合わせをする。

150224街並の意見-板書

資料のダウンロード

第34回世話役会を開催しました

2015.03.11

情報受発信・街並の検討について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・登録世帯数は 379 世帯、768 人となった。
・提案箱は、1月20日に1件入っていた。子供が遊べるウォータースライダーがあるプールを作ってほしいとの意見があった。

2.街並の検討について
・閖上のまちづくりビジョンを踏まえ、どのような特色を持たせた街並みにしたいか考える。
・街並、街並づくり、街並づくりの対象領域とは何かなど、それぞれの定義、考え方を認識して検討を進める。
・どういう街を造るのかじっくり考え、統一した考えを持つ。次回までに、どういう街をつくりたいのか、参考に他所の街並を見て考えておく。

150217街並の意見-板書

資料のダウンロード

第33回世話役会を開催しました

2015.03.11

情報受発信・災害公営住宅・街並の検討について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・登録世帯数は379世帯、768人となった。
・災害公営住宅見学会の申込者が少なかったため、2月6日に見学会の案内ハガキを送付した。

2.災害公営住宅について
・集合住宅のモデルプラン案を2月12日の部会で説明する。
・2月14日の岩沼市玉浦西地区見学会は現在9名。
・集合住宅の見学会に関する問い合わせが多数あった。見学先を市で探していただく。

IMG_5306

第32回世話役会を開催しました

2015.03.11

情報受発信・災害公営住宅について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・登録世帯数は372世帯、785人となった。
・世話役会メーリングリストは、ファイルを添付する場合と添付しない場合の2種類作成する。
・ニュースレター第9号は1月30日に発送した。
・中総体の回答は次回のニュースレターに掲載する。
・2月14日、22日の災害公営住宅見学会の申込者が少ない場合は、2月6日(金)の申し込み状況により、案内ハガキを送付する。

2.災害公営住宅について
<1月28日の仙台市荒井東地区視察>
・視察は、世話役を含む申込者28名の内24名が出席した。また、アンケート回答者数は9名で、意見交換会は世話役3名と参加者20名の計23名が出席した。
<他地区の災害公営住宅の事例>
・日本建築家協会東北支部から岩沼市玉浦西地区と石巻市北上地区の災害公営住宅の事例をご紹介いただいた。

IMG_5287

資料のダウンロード

第31回世話役会を開催しました

2015.02.10

情報受発信・災害公営住宅の視察・街並の検討について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・登録世帯数は366世帯、746人となった。市が実施したポスティングの効果があり、前回よりも26世帯増えた。
・ニュースレターの内容は、災害公営住宅視察についてと、これまでに寄せられた提案内容について掲載。

2.災害公営住宅の視察について
・1月28日の仙台市荒井東地区視察は28名の申し込みがあった。
・参加者にアンケートを取る。バインダーを30枚程度用意する。
・視察終了後、残っていただける方に名取市復興区画整理課会議室にて意見交換会を行う。

3.街並の検討について
・道路の幅員構成は道路構造令及び警察など関係部署との協議により決定される。
・協議会としてどのようなことを決めていくのか、提案可能な項目などを考える。
・神戸では避難地への誘導路を設置し、色をたどっていくと避難地にたどり着く。そのように避難の道を目で見えるようにしたい。

第30回世話役会を開催しました

2015.01.26

情報発信・今後の検討について話し合いをしました。

1.情報受発信について
・登録世帯数は340世帯、690人となった。
・提案箱は法務局に再設置した。
・会員からの提案に対して、身障者のいる世帯の実態を関係各課よりデータをもらって把握すると共に、会員名簿で分析してみる。
・湊神社からの要請は、文書で市に提出し、回答してもらうこととした。

2.今後の検討について
・いままでの出された意見を踏まえた検討項目について、検討済み、削除、要検討について整理し、別添資料を作成した。
・神戸まちづくり研究所の方から今後の公園計画の検討についてご意見をいただいた。
・中央公園や震災メモリアル公園、公民館等の検討は重要との認識を確認した。

資料のダウンロード

第29回世話役会を開催しました

2015.01.19

情報発信・今後の進め方・まちづくりビジョンについて話し合いをしました。

1.情報受発信について
・登録世帯数は340世帯、690人となった。
・提案箱は法務局に再設置した。
・湊神社からの要請は、文書で市に提出し、回答してもらうこととした。

2.今後の進め方について
・公園の検討は、市から提案されたスケジュールに併せて先延ばしし、災害公営住宅と道路環境、まちなみづくりの検討を6月までに行うこととする。
・道路の検討については、たたき台やカタログ、イメージの分かる資料を事務局が提示しながら検討していくものとする。
・災害公営住宅の見学会については、部会参加者に確認したうえで、市からの開催日時をベースに実施方向で進める。
・世話役の人数を増やす方法を今後も検討していく。15名までの枠があるので、定期総会までにどのような方法で世話役を増やすかを考えていく。

3.まちづくりビジョンについて
・いくつかのキーワードを追加し、ホームページにアップし、今後の変更も含めて強化していくものとする。