世話役会 | 閖上地区まちづくり協議会

カテゴリー:世話役会

第19回世話役会を開催しました

2014.09.18

情報発信・臨時総会・今後の進め方について話し合いました。

情報発信について
・9/9現在、会員は266世帯。提案箱には提案は入っていない。
・臨時総会の出欠はがき回収数は54(出席15、欠席39人)

臨時総会に向けて
・議長を今野副代表、資料説明を鈴木氏、司会を南部事務局長が行う。
・総会のQ&Aを整理することとし、次回世話役会までに、各自会員が知りたいことを整理する。

今後の進め方について
・災害公営住宅部会の立ち上げについて、臨時総会で部会に参画される方を募る。臨時総会受付にて、会員リストを用意し、災害公営入居希望者とのマッチングを行う。また、予めこれまでの移動部会参加者に呼びかけを行う。
・会員からの提案と協議会の対応については、提案者だけでなく、会員全体に周知することとし、臨時総会後、協議会の対応は検討していく。

その他
・神戸まちづくり研究所より、鹿折地区まちづくり通信の紹介及び兵庫県のフォーラムの案内があった。

sewa19

第18回世話役会を開催しました

2014.09.18

情報発信と臨時総会について話し合いました。

情報発信について
・登録会員は、9月2日現在258世帯となっている。
・今まで出された提案書を整理した資料について、内容を確認し、次回以降協議会としての対応を検討していくので、世話役の宿題とした。
・ニュースレター第4号の一部を修正して確定した。

総会に向けて
・提案書を一部修正し、代表一任で確認し、早急に発送する。
・議決は3つの提案を一括で採決することとした。

その他
・宮城県農業高等学校の観光甲子園受賞作の動画を鑑賞した。

sewa18

第17回世話役会を開催しました

2014.09.03

情報発信と名取市への提案について話し合いました。

情報発信について
・8月24日現在244世帯で、先週から28世帯増えている。
・ニュースレター4号については、今までの検討経緯など、初めて総会に参加する方にも分かるように修正し、次回再度検討する。
・ニュースレター4号を送付する際に、提案書、出欠票(はがきに出欠確認と委任状記載欄を設ける)を同封する。

提案に向けて
・提案書について、指摘された部分を修正し、次回世話役会で確定する。
・世話役会の会議の効率的な進め方などを再度確認していく。
・今後のスケジュールについて、協議会の提案と市の回答、市の事業スケジュールなどを踏まえて、最新情報に変更し、進め方についても臨時総会前に検討する。

資料のダウンロード

第16回世話役会を開催しました

2014.09.01

情報発信と名取市への提案について話し合いました。

情報発信について
・現在確認したところ216世帯であった。
・市役所本庁舎の提案箱に1通、事業の早期実施を望む投書があった。
・移動部会に向けてニュースレターのポスティング実施やポスター掲示をする。

提案に向けて
・移動部会を午前と午後にわけて、世話役で役割分担を決定した。
・移動部会の趣旨は、提案について意見を聞き、臨時総会に出す案を決めるものとする。

その他
・9月初旬発行の『閖上復興だより』に協議会の活動内容を掲載していただく。
・移動部会の前日に専門家との意見交換の場を設ける。

資料のダウンロード

第15回世話役会を開催しました

2014.08.19

情報発信と名取市への提案について話し合いました。

情報発信について
・先週から新規申し込みはなく215世帯であった。
・提案箱には提案は入っていない。
・ニュースレター第3号については、一部文言の修正を行い発送する。

提案に向けて
・今回の世話役会での議論を踏まえ、代表・事務局長と相談の上、次回世話役会でほぼ完成形を事務局から提示する。
・臨時総会は、9/20(土)19~20時、文化会館中ホールでの開催を予定する。

資料のダウンロード

第14回世話役会を開催しました

2014.08.11

情報発信と名取市への提案について話し合いました。

情報発信について
・先ほど1通が届き、215世帯となった。
・提案箱にはまだ提案は入っていない。
・ニュースレター第3号については、移動部会に関する表現の修正、検討テーマの整理等を行い、次回8/5世話役会で再度議論を行う。8/8に発送予定。

提案に向けて
・事務局からまちづくり提案書骨子案等を提示し、坂口先生から災害公営住宅の検討資料の提示があり、意見交換を行った。
・災害公営住宅については、世話役会でいろんな選択肢を示した上で、入居希望者の意向をまとめることとする。
・8/24の移動部会に向け、8/5、8/19の2回の世話役会で引き続き議論を行い、提案書の内容を固めていくこととする。

140729_sewa14

資料のダウンロード

第13回世話役会を開催しました

2014.08.11

情報発信と部会について話し合いました。

情報発信について
・会員数は先週よりも1件増えて214世帯となった。
・提案箱にはまだ提案は入っていない。

部会について
<今後の検討・スケジュールについて>
・災害公営住宅については、9月提案段階では配置や面積に絞るとともに、整備の際の条件を付すなど、議論のポイントを明らかにする方向で検討を行う。8/24に仮設住宅2箇所で意見収集する。
・道路公園については、比較案のメリット・デメリットを整理した上で、8/24に仮設住宅2箇所ではかる。
・坂口先生に、災害公営住宅の議論のポイントを整理して頂く。

資料のダウンロード

第12回世話役会を開催しました

2014.08.11

部会について話し合いました。

部会について
<第1回部会(公園・道路)の振り返り>
・会員に部会の資料を郵送し、部会の参加者には次回の部会には強く参加を促すと共に、新たな部会への参加者を増やす工夫をする。
・市への提言時期を踏まえ、臨時総会の日程として9月20日or27日を候補とする。
・8月中に公園・道路及び災害公営住宅の部会を再度開き、9月の臨時総会までに協議会案を世話役で固める。

<第2回部会(災害公営住宅)について>
・テーブルを囲み方にして、模型を中心に意見交換を行う。
・経緯説明、前回の部会について針生代表が説明し、模型の説明を坂口先生にお願いする。意見交換は模型を説明する流れでコーディネータの野崎氏に任せる。
・災害公営住宅の地区内配置・スケジュールや人口などの前提条件を説明し、模型を 中心にして、外側(コミュニティ、街並など)と内側(間取りなど)について参加者の意見を引き出す場とする。

第11回世話役会を開催しました

2014.07.25

部会について話し合いました。

部会について
<部会の進め方について>
・7/19部会の進め方については、7/12部会の状況を踏まえ、次回世話役会で話し合う。

<部会の説明内容について>
・部会資料としては、世話役案のポケットパーク配置の誘致圏の円は省くものとし、事例等も含めて配布する。
・部会では、現行計画(名取市)案から、世話役の比較対案を整理してきた経過を説明する。
・坂口先生の模型も展示することとし、色紙等を用いて規模感を説明する。

第10回世話役会を開催しました

2014.07.25

情報発信と検討テーマについて話し合いました。

情報発信
・ニュースレター第2号のチラシを世話役が個別配布すると共に、仮設集会所や町内掲示板などに、ポスター版を掲示する。
・「なとらじFM」には、紹介文を市のほうから提示し、できるだけ頻度を多く放送してもらうことを要望する。

検討テーマ
部会は 7月12,19日両日ともイオンモールの会場を使用する。

<道路、公園について>
・次回世話役会では、公園の機能と規模を整理し、地区にふさわしい公園配置を議論し、7月12日の部会で提示する世話役案を決定する。
 ⇒住民の生活行動などを支える公園整備について、使い方や役割をイメージする。

<災害公営住宅について>
・次回世話役会では、下増田地区の災害公営住宅の計画を踏まえ、閖上地区の災害公営を計画する上での要素を検討する。
 ⇒間取りだけでなく、建物の周辺や生活を支える機能のあり方などを検討する。

140701_sewa10

第9回世話役会を開催しました

2014.07.25

情報発信と検討テーマについて話し合いました。

情報発信
・再建意向が固まっていない方にも会員申し込みをして頂ける方法を検討する。
・ホームページを明日(6/25)、オープンする。

検討テーマ
<協議会からの対案について>
・次回世話役会では、議論となった以下の案について、技術的な検討を踏まえた整理を行う。
 ①公園全体の面積を変えず、ポケットパークを約30世帯で1箇所整備する案
 ②緑道を仮に10mとし、緑道に沿ってポケットパークを配置する案
 ③緑道を挟み南北道路を設置する案(緑道は立体交差もしくは時間帯規制)
 ④公民館を閖上港線沿いに移転させる案

資料のダウンロード

第8回世話役会を開催しました

2014.07.09

情報発信と検討テーマについて話し合いました。

情報発信
・名簿登録情報
150件380名から申し込みがあった。次回に申込者の傾向を分析する。

検討テーマ
<部会の進め方について>
・現行案に対して、世話役会で対案をつくり、部会で検討するという進め方とする。
・部会は2回とし、道路・公園を1回目(7/12)、災害公営住宅を2回目(7/19)に開催する。
・部会の会場は、イオンモールの会議室とするが、予約が取れない場合は市役所とする。
・部会の世話役の出席者は次回調整する。ニュースレターに掲載するため、紙面案も用意する。
<模型について>
・災害公営の模型については、災害公営住宅希望者の戸数や年齢層を坂口先生に情報提供する。
<ビジョンについて>
・文言を修正し、引き続き議論を行う。

140618_sewa08

11 / 12« 先頭...89101112