世話役会 | 閖上地区まちづくり協議会

カテゴリー:世話役会

第104回世話役会を開催しました

2017.01.31

1.情報受発信について
<情報受発信>
・年賀状が協議会あてに数通あった。

2.地域自治の検討について
・2月6日の東側の第1期、2期の集合公営住宅の自治会設立準備委員会については、まち協の世話役が数名、出席することになった。
・今後、まち協は自治会設立に向けた住民の集まりにおいて、困ったときの助け舟として、住民側での助言や勉強したことを基本とした説明などを、求められた場合において、発言していくこととなった。基本的にはどのような話し合いが行われているかなどの状況を把握するために出席するということを基本とした。

次回予定:世話役会(105) 1/24 (火)18:30〜 仙台法務局名取出張所 2階会議室

第103回世話役会を開催しました

2017.01.31

1.情報受発信について
<情報受発信>
・ニュースレターのあて先不明が多くなってきたので、総会開催時期までに対策を検討する。
2.地域自治の検討について
・1月中に、地域自治に関する説明資料を事務局がたたき台を作り、議論することとなった。
・町内会の必要、単位、集合住宅における共益費など、住民が主体となって行う必要のある項目について整理し、必要性や役割、枠組みを検討する。

次回予定:世話役会(104) 1/17 (火)18:30〜 仙台法務局名取出張所 2階会議室

第102回世話役会を開催しました

2016.12.14

1.情報受発信について
<情報受発信>
・特になし。
<ニュースレター>
・文字を黒に変更する。情報交換会の主催などの表記や文章表現を修正し、確定したので早期に配布することとなった。
<助成金活動の報告について>
・一部修正して、報告することとなった。

2.地域自治の検討について
・第1期の災害公営住宅の戸建住宅に入居した12世帯のアンケート結果を仙台高専がまとめ発表した。
・近所付き合いから地域自治への展開があまり見えないので、集合住宅の準備会などの検討通じて、その結果を踏まえて、イベントなどをきっかけに、町内会の組成や参加などへ、入居者の意識を確認しつつ、丁寧に取り組んでいく必要があるとの話だった。
・今後、アンケート配布先を拡大しつつ、地域自治の組成に向けたコミュニケーションの方法を検討し、閖上にふさわしい地域コミュニティの形成が必要との認識になった。

次回予定:世話役会(103) 12/20 (火)18:30〜 仙台法務局名取出張所 2階会議室

img_8763

第101回世話役会を開催しました

2016.12.07

1.情報受発信について
<情報受発信>
・協議会に1名メールがあり、幼稚園の配置などへの質問があり、協議会の趣旨を回答して理解してもらったとの話があった。
<公園緑地ワーキング>
・公園緑地ワーキングの参加について、小中学校関係者等も含めて、議論してもらえる人の参加を基本に、参加者を増やそうとの話になった。
<ニュースレター>
・レイアウトを整えて、12 月の早いうちに発行できるように準備することとなった。

2.地域自治の検討について
・復興公営住宅の入居までに、共益費の収受が必須であることから、他事例などを参考に、自治組織のあり方や問題点などを世話役会で議論し、できれば、入居者で構成される準備組織などへ、事前の検討結果として、まちづくり協議会から、自治組織についての情報提供という形で、オブザーブし、美田園北団地などで課題となっている部分を払拭できるような段取りを取っていくこ ととなった。

次回予定:世話役会(102) 12/13 (火)18:30〜 仙台法務局名取出張所 2階会議室

dscn6739

資料のダウンロード

第99回世話役会を開催しました

2016.12.07

1.情報受発信について
・特に無かった。

2.視察研修会について
・アンケートの配布を行うこととなった

3.賑わいについて
・賑わい拠点が多くあり、分散傾向となることに対して、役割を明確にして、各拠点のイメージ作りが必要との話しになった。
・特に、かわまちづくりエリア、中央緑道、中央公園付近などは、住民主体の賑わい拠点として、何を役割とするかをイメージしながら、施設整備のあり方を検討する必要があるとの話であった。

第98回世話役会を開催しました

2016.12.07

1.情報受発信について
・義援金について受領証を発行したことが報告された。活用報告を今後とも続けるとの事となった。

2.ふるさとなとり秋祭りに向けて
・当日の段取りを確認し、市から提示された工程について、掲示することとした。
・小中一貫校、VR、模型などを積極的に説明して、意見をもらうこととした。

3.視察について
・参加メンバーの会員、非会員を確認することとなった。

dscn5887

第97回世話役会を開催しました

2016.10.19

1.情報受発信について
<登録世帯数>
・あて先不明のニュースレターが帰ってきたので、今後、名簿を再検討することとした。

2.秋祭りについて
・テーマとして、将来の閖上の街並みイメージ、小中一貫校、かわまちづくりの3点とする。
・意見を聞いたり、VRを流したり、パネル紹介などとする。

3.助成金モニタリング
・宮城連携復興センターの担当者がきて、助成金活動の中間モニタリングをおこなった。
・視察前なので、4月以降の協議会の活動を説明した。
・11月までに活動内容をまとめて報告することとなった。
・資料を提示してもらったので、活用していくこととした。
・モニタリング資料については、事務局案で回答することとした。

第96回世話役会を開催しました

2016.10.14

1.情報受発信について
<登録世帯数>
・2 名 3 通の提案書があり、意見を踏まえて、今までの提案内容や今後の取り組みなどを提案者などに周知していくこととした。
・提案内容は難しい部分もあり、特に、賑わいの創出という点で、工夫が必要との話になった。
<ニュースレター>
・視察参加申し込みについて、丁寧な表現を追加するなど、修正して案を確認した。

2.視察について
・参加予定者の確認をした。
・9 日のほうのスケジュールについては、少し見直しが必要とのことだった。

3.復興公営住宅の入居者状況の把握について
・第一段階の接触ができた。24 戸中 11 件、アンケートを手渡せた。今後全戸回収に向けて努力していく。

第95回世話役会を開催しました

2016.09.29

1.情報受発信について
<登録世帯数>
・会員数の増加、提案書の提出はなし。

2.視察について
・ニュースレターには、活動報告を充実させ記載し、視察の案内についても、目的など、より参加者が行きたくなるような紙面構成に修正する。
・秋祭りについては、昨年度同様な内容で申し込みを行い、具体的な展示などについて次回議論することとした。
・公園緑地 WG については、負担が大きくならないように、他の検討に回したり、世話役会で議論するなどして、提案時期を踏まえながら、内容を煮詰めていく。中央緑道などは別途検討することも考える。

3.復興公営住宅の入居者状況の把握について
・10月の第2週に実施する方向で準備する。

第94回世話役会を開催しました

2016.09.29

1.情報受発信について
<登録世帯数>
・会員数の増加、提案書の提出はなし。
<公園緑地 WG>
・街区公園やポケットパークの検討は、WG にまかせるが、緑道の検討は WG では難しそうなので、世話役会での検討や別の部会の立ち上げなどを検討する。
・かわまちづくりと関係性のある街区公園等については、検討の進め方について工夫が必要である。

2.視察について
・日程を世話役各自で事務局とやり取りして、次回までに実施日などを整理する。視察先との日程の調整も行う。

3.復興公営住宅の入居者状況の把握について
・仙台高等専門学校の坂口研究室と町内会との連携で実施することとなった。

第93回世話役会を開催しました

2016.09.08

1.情報受発信について
<登録世帯数>
・会員数の増加、提案書の提出はなし。

2.公園緑地部会について
・9 月 18 日の公園緑地 WG の開催において、設置基準があるなど、条件がある話を前提に、公園の検討を行って欲しいとの意見があった。
・できれば 12 月までに何らかの提案をすることも視野に入れた検討を進めることとした。

3.復興公営住宅ヒアリングについて
・町内会の会議等で意向調査の実施をお願いし、その方法も含めて次回検討することとなった。
・配布回収などはイベントなどを活用しつつ、意向把握については戸別訪問など、世帯の実態が把握できるような工夫をしていくこととした。