東松島で地域経営を学びました! | 閖上地区まちづくり協議会

東松島で地域経営を学びました!

投稿日:2017.12.13

段階的に住民が住み始める上でのコミュニティ形成に取り組む方法を学ぶため、580世帯が暮らす東松島市あおい地区を訪れ、地区会に住み始める前から現在までのお話を伺いました。<立正佼成会一食平和基金 復興まちづくり協議会等事務局基盤強化・学び合い助成>

東松島【あおい地区会】から得られた知見
● テーマごと講習・研修会を開き住民の関心を高めて、各地でワークショップ・井戸端会議を行い意見集約。専門部会の活発な活動。
● 支援の打ち切りを先読みし支援者からノウハウを学ぶ。
● 自治会の自主性尊重と地区全体に関する地区会の効果的・効率的な事業への特化。※あおい地区会は連合組織ではない
● 運営を継続させる費用負担の仕組み

既成市街地に隣接する形であおい地区が整備されたため、閖上と違って交通アクセスや生活利便性に優れています。そのため高齢化等の先進的な課題に注力することができており、住民同士の見守り活動に取り組み始めていらっしゃいます。ただ一方で様々な地区から移転してきているため、小学生が通う学校がバラバラで子育て世代同士が交流する機会が少ないといった特有の課題をお持ちでした。

閖上地区とあおい地区、お互いに状況が異なる中でも共感・共有する内容が多々あり、今後のまちづくりにおいても地域間交流を図っていく意義を感じられた視察となりました。

P2110120+
あおい地区(東矢本駅北地区)の地区会長・小野さん

P2110127+
集会所と隣接した公園ではねぶた祭が行われる